1960年代、ロバート・ワークマンは、ホールデンのモデルのように各組織コンパートメントの許容過剰圧力は一定ではなく差があり、許容圧力レベルが深さによって変化するという事実を説いてホールデンのモデルを改定し始めました。そして、ワークマンはハーフタイム160分、200分、および240分の3つの組織コンパートメントを追加しました。
ワークマンの最も重要な貢献の一つは、「M値」を導入したことです。


ダイビング用語集へ戻る