一定の温度の下では気体の体積が圧力に逆比例することを主張する法則です。簡単に言えば、圧力が増加すると、体積が減少します。 逆に圧力が減少すると、体積が増加するという法則です。ボイルの法則が示すように、気体に加わる圧力が変化すると、体積が変化します。気体の体積が減少すると、気体は消失しませんが、圧縮されて分子が互いに近づけられます。気体は依然として同じ数の分子を含んでいるので、それによってまさに過密な状態になります。

1667年、サルベージ(沈船の救助や引き上げ)潜水が普及する約20年前に、アイルランドの物理学者、ロバート・ボイルは小さな低圧のチャンバーを造り、圧力と容積に関する一連の実験を行いました。
ボイルの実験のいくつかは、動物を低圧環境下におくものでありました。 そのような実験の1つで、ボイルは蛇が極端に不快感を示すことを観察し、蛇の目の1つに気泡が形成されていることに気づきました。ボイルはこの現象を記録しましたが、当時は気泡の発生理由についての説明までは言及しませんでした。しかし、これは減圧症の最も早い発見事例だと思われます。ボイルは、現在「ボイルの法則」として知られている事象を発見したことで最も有名です。ボイルの法則は体積と圧力変化の関係を説明するものです。


ダイビング用語集へ戻る

キーワードから探す