レギュレーターのセカンドステージの中に入った水を出す技術。

スキューバダイビングのレギュレター(呼吸装置)は、口にくわえているだけですので、はずれてしまうことがあります。
一度はずれてしまったレギュレターには水が入ってしまうので、レギュレター内の水をクリア(抜く)できる技術が必要です。

未経験の人が聞くと、とても怖く思ってしまうかもしれませんが、Cカード(ダイビングライセンス)を取得するためのトレーニングでは、レギュレータークリアのやり方を必ず習いますから、こんなトラブルでも確実に対応ができるようになります。

ダイビングの事故には、溺れが挙げられますが、レギュレータークリアなどの基本となるスキル(技術)をしっかりマスターしていないことで、とっさの時に対処できずに、事故につながることもあります。

こんな話を聞いて、ダイビングに不安を感じてしまった方もご安心下さい。

正しい技術と考えを身につけることで、安全なダイビングを行えます。ダイビング技術の習得は、本来、過酷なトレーニングではある必要はありません。繰り返しトレーニングできる環境(スクール)ではじめることをお勧めします。


ダイビング用語集へ戻る

キーワードから探す